スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かわうそ
スポンサー広告  

父島滞在記 DAY 13 @ マグロ穴でくじける。
♪嫁島ツアーの続きです♪

波に任せてゆーらゆら♪で、一気に調子が悪くなったワタシ。
すっかり戦意喪失です(T_T)
さして海は悪くなかったんですけどね・・・しくしく。

その後、いよいよマグロ穴へ。
キモチが悪いけど、ここは見ておかないとーっ。


DSCF2669.jpg

DSCF2697.jpg

逆側に回り込んできました。
ダイビング船が3隻、聞けば泊まりのツアーとか。
・・・泊まるって、この小さな船で船中泊ですか?
島におろしてくれるなら、泊まってもいいけど・・・っていうか泊まってみたいけど。

今はダイバーさんが潜っているから、マグロ穴ダイブは昼食後にしましょうということに。
波の穏やかな湾内でアンカーをおろして昼食タイム。

DSCF2556.jpg

相方特製弁当♪
朝6時に起きて(驚)作ってくれました。

美味しそうなんですが・・・キモチワルイのが引かずに食べられない(T_T)
昼食後はそれぞれ、アンカーをおろした船のまわりをスノーケリングしたり
船の2階から飛び込んだりして遊んでいたのですが、
すっかり戦意喪失のワタシはぼんやりと過ごしてしまいました。

今から思うとすごーーーーく もったいないっ!
後悔しきり。

1時すぎにアンカーをあげてふたたびマグロ穴へ。

DSCF2709.jpg

思ったより潮が速いらしい。
何度かアプローチしてやっと船長のGOがでた。
「海に入ったらみんな一列になって泳いで!間を空けないように!」


・・・ワタシはいきませんでした(>_<)
自信がなかったし、ここでなにかあったら船に乗ってる皆さんに迷惑かけることになるし。
残念でしたが。。。また次回に楽しみをとっておきます。
・・・って、スキルあげなきゃダメじゃん(汗)

DSCF2717.jpg

マグロ穴の中央までみんなが入ったのを見届けてから、船は反対側に回ります。

DSCF2723.jpg

反対側は波も穏やか。
ダイバー船が2隻。
ダイバーさんが潜っているので、しばらく待って
みんなを回収に行く。

DSCF2729.jpg

おつかれさまでしたー!

がんばって潜った相方によれば、入り口から真ん中までは波がキツくて潮も速くて
かなりしんどかったらしい。
でもマグロはしっかり見れたらしい(^-^)
よかったねー。

その後はイルカ探し。
何度か見つかったけれど、遊ぶ気がないらしくすぐにどこかへ行ってしまいます。
うーん、自然相手だからこんなときもあるんでしょうが、残念。
DSCF2742.jpg

かなり念入りに探したのですがイルカには会えず、父島に戻る時間になりました。
「帰り道でも探しながら帰ります。もしイルカがいれば、港に戻る時間が
少し遅くなりますが、みなさん大丈夫ですか~?予定ありませんか~?」
船長さんのアナウンスに、みんなで「大丈夫~!」

でも残念ながらイルカはあらわれず。
ウエザーステーションも見えて、そろそろ湾の入り口・・・というところで
イルカ発見!

DSCF2813.jpg

DSCF2824.jpg

こんなに船のそばに寄ってきて一緒に泳いでくれます。


IMGP2526.jpg

IMGP2578.jpg

IMGP2591.jpg

IMGP2605.jpg

このイルカは「ハシナガイルカ」
みんなで晩ごはんの調達に行く途中かな?
うまく写真に撮ることができませんでしたが、
宙返りジャンプをしたり2頭3頭と並んで波乗りしたりするので
見ているだけでも大興奮でした(^-^)/
気づけば帰りの予定時刻を大幅にオーバー。
船長さん、がんばってくださいました。
ありがとうございました(^-^)


途中船酔いであえなくダウンしましたが、後半はケロッと復活。
ハシナガくんたちに遭遇したあとは、船からずーーーっと下(海面)をみていたのですが
不思議とキモチワルクなりませんでした。
アドレナリンが出まくってたのかも(笑)

IMGP2614.jpg

山の宿に戻るとキレイな夕焼けでした。
いちにちお留守番してくれたキミタチ、ありがとうね♪
おみやげは、、、ありません。


DSCF2411.jpg

そんなこと言わず、なんか出せよぉー。







かわうそ
◇ OGASAWARAに行こう   0 0















 

http://seadoglife.blog83.fc2.com/tb.php/809-5785a05c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。